シンカネットでは外貨両替機ビジネスパートナーを募集しています。訪日外国人観光客の多いホテル、飲食店、お店、商業施設等で外貨両替機を運営して新しいインバウンドビジネスの収益をつくりましょう。

よくある質問

  • HOME »
  • よくある質問

外貨両替機ビジネスって儲かるの?

儲けの元は「外貨両替手数料」です。これは、各通貨ごとに決めることができます。例えば、1米ドルあたり5円の手数料を取ると決めた場合、当日の基準値レートが1米ドル=100円なら外貨両替機の表示レートは95円となり、10,000米ドルの両替で5万円の儲けが出ます。
1ヶ月間では各通貨の両替手数料合計から諸々の月間運営経費を差し引いた残りがこの事業の利益となります。
一発勝負で大きな儲けを手にするようなビジネスではありませんが、運営経費を抑えることができれば安定した収益を継続して受け取れるビジネスです。
 

運営経費ってどんなものがあるの?

運営会社によって違いますが、以下の項目が一般的です。
・外貨両替機のリース料(一括購入された場合は減価償却費で計算)又はレンタル代
・外貨両替機の管理システム利用料
・警備会社への警送等委託料(機械警備、外貨回収、円貨装填、電話対応など)
・運営会社への支払い(コミッション、円転手数料など)
・その他諸経費(設置先報酬、PRツール代など)

シンカネットでは、業界最安の運営支援サービス(定額のシステム利用料、円転手数料なし、コミッションなし、PRツール提供など)で、運営経費を最低限に抑えたローコストオペレーションを提供しています。
 

外貨両替機って購入しないといけないの?

もちろん誰かが購入しなければなりません。
誰が購入するかでビジネスのプランが違ってきます。
例えば、機器設置先が購入するケースは、オーナー兼設置先となるため余分な経費が掛からず収益を最大化できます。
運営会社が購入して設置先を探すケースや投資家が購入して運営会社にすべてを一任するケースは、設置先視点では機器をレンタルすることとなり収益が少ない代わりに投資回収リスクがなくなります。
シンカネットでは購入プランとレンタルプランの両方をご提供しています。
特にコンパクト外貨両替機のレンタルプランはお得で利用しやすいとお喜びいただいています。
 

普通の広さのお店や施設でも設置できるの?

初期コストが高額でATMサイズの自動外貨両替機の場合は、設置する場所の確保と一定以上の両替発生が必要なため、設置できないお店や施設は多いですが、コンパクト外貨両替機ならレジ周りのカウンター上に置ける大きさ(165W×470H×391D)であり、初期コストも抑えられるため中規模以下のお店や施設での設置も大丈夫です。
大型ホテルや大規模商業施設だけが外貨両替機のメリットを享受できていた時代は終わります。これからは観光地にある普通の店舗(土産物店・ブランド買取店・チケットショップ・観光案内所・飲食店・ホテル・ゲストハウス・その他小売店など)でも「外貨両替できる」をPRして訪日外国人観光客を集客したり両替手数料を稼いだりできるようになります。
シンカネットのコンパクト外貨両替機なら専門知識不要で簡単に「外貨両替できる」が実現できます。
 

設置先は自分たちで開拓するの?

本部に入ってくる設置先情報(既存設置先や営業協力者からのご紹介、HPやFAXDM等での問い合わせ、など)をご紹介することもありますが、原則としてはご自身で開拓していただきます。
外貨両替の発生は設置場所の良し悪しが生命線となるため、実際の場所を視察しなくてはなりません。
同じ商店街の中でも、角地か中央か、1階か2階か、出入口がオープンか、のぼりや看板はOKか、などの確認が必須です。
設置先開拓は現地に足を運ぶことでしか分からないことが多いのです。
 

設置先開拓までお願いするのは無理なの?

法人個人問わず「定期回収などの運営活動は大丈夫だけど設置先を自分で探す営業活動はできるならやりたくない。」という方には、地域限定※となりますが『営業不要!設置先お任せプラン』をご用意しています。
設置運用に興味のあるお店や施設を探して契約までの業務を当社が代行するプランです。メリットは営業不要となること、デメリットは場所と契約内容がお任せになることと営業委託料が別途発生すること。
営業活動が苦手な方は一度お問い合わせください。
※現時点の対象地域は東京・京都・大阪です。今後拡大予定です。
 

外貨両替機のことならシンカネットへ TEL 06-6258-1000 平日 9:00~17:00

PAGETOP
Copyright © 株式会社シンカネット All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.